【セクハラ暴行問題で“手打ち”】 自民党、たしかに死んどる

  • カテゴリ:政治
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件

セクハラ暴行問題で“手打ち” 自民・民主双方が謝罪 大沼氏なお未練
2015.9.24 18:20
http://www.sankei.com/politics/news/150924/plt1509240036-n1.html

 民主党の津田弥太郎参院議員は24日、参院特別委員会で17日に行われた安全保障関連法案の採決の際に暴行した自民党の大沼瑞穂参院議員を訪ね、「けがをしたのは遺憾だった」と謝罪した。一方、自民党の佐藤正久参院議員も同日、民主党の安井美沙子参院議員に対し16日の混乱時に暴行したとして謝罪した。自民、民主両党は双方の謝罪で“手打ち”とする考えだ。
 津田氏は産経新聞の取材に「関係ない」としていたが、一転して非を認めた。同席した榛葉賀津也参院国対委員長も謝罪した。
 大沼氏によると、津田氏は混乱した委員長席から離れた場所で大沼氏を引き倒し、膝の上に乗せてから投げ飛ばしたという。大沼氏は右手の指を負傷した。
 自民党の谷垣禎一幹事長は記者会見で「参院で協議した結果だ」と述べたが、大沼氏は会見で「個人として、もう一度しっかりと謝ってほしい」と未練を残した。




全女性有権者が引くであろうあのシーンをマスコミが
隠そうにも隠せなくなるよう騒ぎ立てたらいいのに手打ちとは…
自民党がこれでは拉致被害者も北方領土も返ってくるわけがない。
それどころか、私が中国・韓国・北朝鮮なら
沖縄と対馬を盗りに行くし拉致を再開する。
そうしたところで相手は白痴国家。別にどうということもない。
今まで通り、慰安婦!大虐殺!を、数を増やし内容を濃くし前面に出せばいい。
日本の同盟国らしいアメリカには、飛行機買わないよ?で済むし
どこで手打ちにするか分からない日本なんか信用して
アメリカもバカを見たくないだろうから
韓国も北朝鮮もその存在を気にする必要はない。



スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。