ほっとけばいい

  • カテゴリ:政治
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件


内閣不信任案、急流渡れぬなら馬換えよ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/509555/

 谷垣禎一自民党総裁は「この政権が1日長く居座れば1日国益を損なう」と語った。この時期に政争はおかしいという声があるが、菅首相による“人災”をこれ以上続けさせてはならないという点で、与野党議員の多くが一致しているともいう。急流を渡れず流されているのであれば、馬を乗り換えなければならないだろう。



民主党を選んだのは歴としたオトナなんだから
急流をそれで渡ることになるとは思いませんでしたなんて人いるわけありません。絶対にいません。一人もいません。
ですから自民党さんも、国民が自らの意志で選んだ民主党さんを信じようではありませんか。



 

スポンサーサイト

お遊びはこれまで

  • カテゴリ:教育
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件


国歌起立条例 規律乱す先生はいらない
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/508386/

卒業、入学式の国歌斉唱時に教職員に起立を義務づける条例の制定が大阪府で進んでいる。橋下徹知事が代表を務める地域政党「大阪維新の会」が条例案を開催中の定例府議会に提出する。

 橋下知事は「ルールを守らない教職員はいらない」という。当然だ。国旗、国歌をないがしろにする教師を許してきた悪弊を改める上で指導力を期待したい。



昔、
運動会も球技大会も水泳大会も
毎年毎年、馬鹿の一つ覚えみたいに
高尾山に遠足に行くのもホントにやだった。
紫外線で肌が真っ赤になってヒリヒリ痛いし
治るまで皮膚ボロボロで恥ずかしい思いもするしで
とにかく悲惨な状態に陥るんだけど、でも拒否れなかった。
だいたい学校ってそういうところよね
やりたくないことのオンパレード。
それをだよ?教員が根拠も示さずに
子供らにやらせようなんておかしいじゃないか。
別に国旗や国歌を崇めろと言ってるわけじゃない。
こっちだって覚悟決めて学校通ってるんだから(昔)
そっちだって、こいつは遊びじゃねーんだってことを示せって話だよ。
人にあーだらこーだら指図するのに、情熱持ってますぅとか、
どんなTVドラマ見て育ったんだか知らないけど
そんなのぜんぜん根拠にならないから。



 

移民反対


中国で大量のスイカが「爆発」 肥大促進薬の使用が原因?
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/507517/

 中国江蘇省丹陽市の村で、収穫前の大量のスイカが相次いで自然に破裂する現象が起き、地元当局は「スイカ爆発事故調査チーム」をつくり、調査に乗り出した。中国メディアが18日までに伝えた。

 一部メディアはスイカが「地雷」になったと衝撃的に報道。果実の肥大を促進する薬剤を乱用したことが一因との見方を伝えているが、薬剤を使用していない農家のスイカも破裂しており、地元当局者は「調査には時間がかかる」としている。

 中国メディアによると、収穫前のスイカが破裂し始めたのは4月末ごろ。村には20戸のスイカ農家があり、作付け総面積は45ヘクタール以上。ある農家は3分の2近いスイカが「爆発」する被害にあったという。



TV見てたら、牛豚に食べさせるんだとか言って
その中身のキモ白いスイカをニコニコと刻んでましたが
こういう、人が天然放射性物質みたいな国からの移民とか、とってもイヤだ。
日本政府も民間も、入れるだけ入れて、どうせ面倒見切れない。
原発事故の対応を見てれば判る。
最初から事故ってる彼らを制御などできるもんか。



 

パッパカ使わずに


対立生む“原発の恩恵”遠方住民「手厚い補償 被害者ぶるな」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/507441/

■累計2700億円
 原子力や火力発電所などが立地している地域は、国から「電源立地地域対策交付金」など、さまざまな交付金を受けられる。

 交付金は周辺自治体に直接交付されるものもあるが、広く県全体に渡るものもある。福島県によると、各種交付金の平成21年度の総額は計約145億円。

 このうち、県に交付された「電力移出県等交付金」は計62億円で、県は約52億円を公共事業に投じた。残る10億円は県内の大半の自治体に分配した。県が昭和49~平成21年度までに受けた交付金の総額は、約2700億円になるという。

 県には電力会社から「核燃料税」も入る。原子炉に挿入された核燃料の価格と重量に課税されるもので、15~18年度では計約103億円。多くが県内の道路や橋、河川などの整備費のほか、福島空港の管理費、県立病院などの運営費、警察費など、県民全体のサービス向上に充てられた。

 ある県幹部は「原発の恩恵がリスクと釣り合ってきたのは、“安全”という前提があったからこそ。これまでの経済的恩恵とは桁違いの損害が出ている」と話し、立地地域も被害者だと強調する。その上で、「県民対立や国民からの批判を防ぐためにも、濃淡はあるにせよ原発の経済的恩恵が、特定の地域だけのものでなかったという事実をしっかり伝えていきたい」と話している。



>“安全”という前提があったからこそ

バカバカしい。
「累計2700億円」にどんな意味があるのか大人だったら分かるでしょう?分かってたはずだよ。

だから、やれ道路だの橋だのに使わないで、こんな日の為に取って置くなり、保養所みたいな形で避難場所を確保しとくなりすればよかったんだよ。そうすれば今ほどオタオタせずに済んだんじゃないの?
女子供くらいは自分らで守ったらよと思うわ。



 

転んでもただでは起きないからそのつもりで


UIゼンセン同盟からの請願書提出について

5月11日、ダイナムの労働組合であるダイナムユニオンの白戸中央執行委員長が、UIゼンセン同盟の中村政策局長 ほか2名およびUIゼンセン同盟に加盟するパチンコホールの労働組合の委員長2名とともに、内閣府大臣官房 間宮参事官を訪問し、パチンコホール業界の節電への取り組みに対する理解を求める蓮舫節電啓発担当大臣宛の請願書を提出いたしました。今回の訪問にはUIゼンセン同盟の政治顧問である民主党 川合参議院議員にも同席して頂きました。UIゼンセン同盟は、国民生活に関連する産業の労働者が結集して組織した、日本最大の産業別労働組合です。パチンコホール関連企業は、UIゼンセン同盟の生活・総合産業部会に属しており、ダイナムユニオンを含む11社、約2万5千人の組合員が加盟しています。請願書の内容は以下のとおりです。
http://dynam.typepad.jp/blog/2011/05/#entry-42123542


>【パチンコ産業の偏った評価】一部の偏見的な認識による雇用不安と差別的扱いへの憤りしかしながら、電力供給不足による計画停電に端を発したインターネット上でのパチンコ不要論や、過日の石原知事および猪瀬副知事の「営業したいなら真夜中のみ営業すればよい」または「昼間はクーラーを使うな」との発言は、私たちパチンコ産業への偏見的な認識や、産業の社会的な評価の低さを露呈しました。そのことはパチンコ産業に働く労働者の尊厳を傷つけました。一部の方々の発言が実行されれば、雇用機会も損失されるのではないかと、大きな危機感を抱いています。また、差別的かつそこに働く者を鑑みない乱暴な意見に大変遺憾にしております。



パチンコがそんなに誇らしげな産業ならどうして海外に展開しまくれないのかしらね。まぁ、どんなに電気が余ってたってアンタたちに使わせる電気は無いってのが余所様の意見なんでしょうけど、日本だってこういうことになったからにはいつまでもマヌケでいられないわよ。政府から飯炊きの回数まで制限されることになった国民は他者に厳しくなってとーぜん!



すだれ、扇風機… 政府の「節電メニュー」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/506750/

 政府が取りまとめた「家庭の節電対策メニュー」では、エアコンの使用をやめて扇風機へ切り替えることで50%の使用電力を減らすことができる。また設定温度を2度上げると、10%の節電が可能。政府は室温を28度に設定することを呼び掛けている。

 「すだれ」や「よしず」の活用も効果的だ。日差しを遮ることで、エアコンの電力消費を10%減らすことができる。タイマー機能を利用して早朝にご飯を1日分まとめて炊き、冷蔵庫に保存すれば2%の節電効果がある。また温水式便座を使わない時はプラグを抜くなど、コンセントにつないでおくだけで消費する「待機電力」を減らすことも有効だ。



クリスチャンじゃなくても、少女の頃にやりがちなことの一つに「夜の眠りにつく前のお祈り」ってあるでしょう?そりゃあ願い事は日々違うものが次から次へと湧いてはくるけど、寝る前には、その日の感謝と、あとはどうしてもこれだけはというものを毎日繰り返さなきゃいけないと思って、何にしようか色々考えあぐねた結果が「どうか一生、電気とガスと水道に困りませんように†」だったんだよね...マジで。
たぶんそのお蔭で、今まで災害に遭うこともなく、ド貧乏に陥ることもなく、国家も安泰で、私のささやかな願いは叶えられ続けてきたんだけど、ここへきて節電しろとか計画停電とか、ありえないっつーの!といっても前回なぜか実害はなかったんだけど、今後どうなることか、不安でいっぱい...ってところにパチ屋が電気使いたいとか、寝ぼけないでもらいたいと激しく思う。



 

甲斐性無し


女性の悩み深刻 避難所生活「プライバシーない」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/506529/

 避難所には、洗濯や入浴設備がないことも悩みの一つ。夫と避難している女性(48)は、盛岡市に住む娘の自宅に週1回車で通い、まとめて洗濯をする。「避難所では干す場所さえない。遠くのコインランドリーに行き、乾燥まで済ませる人もいる」

 育児中の母親にとっても避難所生活は我慢の毎日だ。幼い子供のいる家族向けの部屋も用意されているが、9カ月の長男の母親(27)は「授乳のときはやはり人目が気になる」と話す。日中でも子供の泣き声が周囲の迷惑にならないか心配で、最近は夫と長女の4人で車内で過ごすことが増えたという。



>夫と

東北の男共は甲斐性無し( ..)φメモ



 

菅政権が家庭向けに節電対策メニューをつくった

  • カテゴリ:政治
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件


ムラムラというかメラメラというか
反抗心が湧きあがってくるね
こういうこと↓されると。

エアコンやめ扇風機、50%節電 政府、家庭用メニュー
http://www.asahi.com/business/update/0508/TKY201105080388.html

東日本の今夏の電力不足に対応するため、菅政権が家庭向けに節電対策メニューをつくった。家庭の削減目標は15%。メニューで示した11項目の節電効果の数字を組み合わせ、15%を超えれば目標達成だ。エアコンを扇風機に替えれば、使用電力を50%減らせる。10日に決定予定の電力需給対策に盛り込まれる。

節電対策メニュー



電気が足りない!なんてな状況にもしも楽しみがあるとするなら、それは「各自でアレコレ工夫する」ことくらいなものなわけで、なのにそんなメニューを嬉々として示すとは、デリカシー、無論あるとは思っていなかったけど、あまりにも、あまりにも、無さ過ぎる。



 

辛いでしょうね、でも


「もう限界。家に帰して…」 自衛官らの「心のケア」課題に
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/505470/

 東日本大震災で被災地に派遣され、遺体の捜索・収容作業に当たっている自衛隊員や海上保安官、警察官の「心のケア」が課題となり始めている。これまでに1万人近い遺体を収容するなど奮闘してきたが、一方で凄惨(せいさん)な現場で受けた精神的ショック(惨事ストレス)から心的外傷後ストレス障害(PTSD)のような症状を訴えたり、奇行に走るケースも出ており、各省庁では惨事ストレス・ケアに乗り出した。

 住宅のがれきの下では、全身に傷を負った親子とみられる若い女性と5~6歳ぐらいの女の子の遺体を発見した。「もしこれが自分の妻と子供だったら…」。思わずつぶやいた同僚は、夜になるとテントの中でうなされていた。



犯罪被害者、たとえば女子高生コンクリート詰め殺人事件の被害者や、酷い虐待を受けて死んだ子供を扱わねばならない専門家(検死医や警察官)に比べれば人の所業という要素が無い分マシかなと。
量という部分で参っちゃうのは分かるし、肉体的な疲労の蓄積もあるでしょう。でも終われば回復は可能と想像できるけど、上記の専門家は一体どう克服するのか、ちょっと想像がつかない。



不思議です


食肉の生食、法規制で罰則適用へ ユッケ食中毒で
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/505576/


生肉を喰らったりするのは、昔話に出てくる山姥とか、現実には見世物小屋の狼女くらいなものかと思っていたので、食べて見せてお金を取るんじゃなくてお金を払う人がいるんだ?ってところからして驚く。



 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。