常識的な対応

  • カテゴリ:政治
  • コメント:6件
  • トラックバック:0件


亡くなられた長井健司さんは本望でしょうけど
ご家族の皆様には御悔みを申し上げます。

で、日本政府の対応ですが、
今のところ取り立てて問題はないように思う。
>今ただちに制裁うんぬんを言及する必要はない
と思いますよ私も。


しかし、(特に)テロ朝は、
橋田さんの時もそうだったけど、
「ジャーナリストの死」を報道する際の姿勢がやたらに熱い。
熱すぎる。。。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070928-00000163-jij-int
【ロンドン28日時事】 国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)は28日までに、ミャンマーでジャーナリストの長井健司さんが銃撃され死亡したことに関し、対ミャンマー制裁に踏み切るよう日本政府に要求した

ジャーナリストってーのは随分とまぁ偉いもんなんだね。


スポンサーサイト

褒めどころを一つ

  • カテゴリ:政治
  • コメント:5件
  • トラックバック:0件


>内閣のキャッチフレーズについて、「一歩でも間違うと自民党は政権を失いかねない。緊張した日々を送らなければならない」と述べ、「背水の陣内閣」と銘打った。


イキナリ貶すのもナンですし、
あくまでもココだけを捉えての話。

初めに
『ぶっ壊れやすいマンションでございます』
と言っとくのは良い心掛けだ。


前回が、耐震が如何に重要かを説くだけ説いて実態は…
だったから。。。



ええ本当に

  • カテゴリ:政治
  • コメント:4件
  • トラックバック:0件


>国民に多大な迷惑をかけた


五十を二つ三つ過ぎて、
自分の身体的、精神的、知的能力が判らないなんて、
あなたの「人を見る目」はまさにサイテーでした。
自身のことすら適切に判断できない人が
一時でも、いや一年もか、
最高指揮官だったとは、空恐ろしいったらありゃしません。

一部信者さんが絶賛する立派な理念とやらは、
わたし的には普通でした。保守思想は持っていて当たり前。
必要なのはそれを実現できる人です。
それを確実なものとして次に手渡せる人です。


あぁそれにしても、
この人がサヨク思想の持ち主じゃないのが残念で堪りません。
だから左は馬鹿なんだと言えたものを… それが
だから右は馬鹿なんだ になってしまいました。
悔しいです。


最後に、

>私も一人の国会議員として引き続き、力を尽くしていきたい。

安倍さんはこれまで色々と可笑しなことを言ってきたけど
これは 「甘くみられるのが強み」と同じくらい面白いです。
ありがとうございました。


与謝野さんって…

  • カテゴリ:政治
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件


なんか可愛いよね。


asahi.com

与謝野節、最後まで 当意即妙な答えで記者かわす

2007年09月21日22時51分

 与謝野官房長官が21日、週明けの内閣総辞職を前に最後の定例記者会見をした。歌人の鉄幹、晶子を祖父母に持ち、教養人としても知られる与謝野氏だけに、記者会見では、政局を語るにも、囲碁から音楽まで幅広い話題を織り交ぜてきた。隙(すき)のない答弁ぶりが目立った前任の塩崎恭久氏に比べ、応答要領にとらわれぬ当意即妙な答えで記者団をけむに巻いた。

 与謝野氏は就任直後、民主党の小沢代表の人物評を問われ、「自民党の輝ける幹事長として指導してくださったが、囲碁の世界では私が小沢さんを指導しています」と発言して話題を呼んだ。

 21日の最後の会見では「取り消したかった発言はあるか」と尋ねられ、「1回だけある」。首相の辞意表明について19日の会見で「イスから転げ落ちるほどびっくりしたわけではない」と、事前に感づいていたかのように答えた発言を挙げ、「表現が世俗的すぎた。もう少し文学的な表現が良かった」と、最後まで与謝野節だった。




政治家が皆この人くらいの教養人なら
マスゴミごときは目じゃないんじゃないかって気がする。

要は、アチラの問題じゃなくてコチラの問題だと思うのよね。
特亜が露助がアメリカが~
チョンが創価がマスゴミがー!じゃなくてさ。


******


その他、らぶりーな与謝野氏発言


・与謝野氏「改革後退」批判に反論

『もはや改革のエンジンはない』と酷評する人もいるが、改革という機関車は相変わらず力強くレールを走っている」と反論。改革への抵抗や反発を機関車の「騒音」に例え、「騒音が聞けないと改革が進んでいないと思う方がいたら、改革について無音化が進んだと思っていただきたい


・クーデター説…与謝野官房長官の会見詳報

私は、私自身がそんな大物だということを知らなかったので、ありがたいと思っております

発展途上国で起きるようなクーデターを想像してものを言っておられる方がいたとしたら、そういう方は思考が停止しているか、無知識なのか。もし、これが終わって、教育が必要であれば、私が出向いてご教育の任に預かりたいと思います

その前段階からありましたから、椅子から転げ落ちるほどびっくりしたわけではありません



・【官房長官・会見詳報】基礎年金全額税負担に慎重な考え

【安倍政権への思い】
 --参院選の惨敗で厳しい状況の中で内閣改造が行われて、官房長官も相当な覚悟でこの職を受けられたと思うが、来週安倍政権が幕を閉じることについてどんな思いを持っているか

長い、短いというのは、あまり考えておりませんが、安倍総理は最後の最後まで気力と体力を振り絞って重責を全うしようと考えておられたというふうに私は考えておりますし、事実そうであったと確信しておりますので、私のことよりも、やはりこうした形で内閣総理大臣の地位を去らざるを得ない安倍総理の無念ということも時が経てば多くの方に分かっていただけるんじゃないかと思います


(↑これはね、こう述べるのがこの人の仕事だから。だから可愛い)


与謝野馨 Wikipedia


水蛭子

  • カテゴリ:政治
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件


【記者が語る安倍政権】(下)負の遺産抱えた後継者

>就任直後に いの一番に訪中したこと も果たしてよい判断だったのだろうか。


安倍さんって…
この人はもしかして馬鹿かもしれないと思った最初がこれですね。
いの一番にアメリカを訪問しなかったこと

いえ、私は別に親米派じゃないですけどね、
どっちか言うと嫌いですけどね、
それとこれとは別なわけで、
日本にとってアメリカは、
中国韓国よりも後回しにして大丈夫な国とは
とてもじゃないけど、私には思えない。

そりゃぁ日米同盟など いざって時どうなの?ってのはあるけど
「アテにならない」と「無い」の差は"死ぬほど"デカイ。
向こうだってそう思ってるし世界もそれを知っている。
それなのに何故に安倍氏は順番を違えたか。

順番など小事?
私はそうは思わない。
ましてや為そうとすることが「美しい国造り」なら尚更だ。

彼は彼の掲げた「戦後レジームからの脱却」という目的に
愚かにも、実に愚かにも躓いたのだ。


過保護

  • カテゴリ:政治
  • コメント:4件
  • トラックバック:0件


ツキに見放され…記者が振り返る安倍政権の軌跡

>きまじめに気力だけで会見を開いたばかりに「政権をほうり出した」という印象を与えてしまった。

>もともと体が丈夫な方ではなかった

>首相はツキに見放されていた

>当時は国民の人気が安倍さんに集中していたからね。期待を裏切るわけにはいかなかった。

>守旧派の抵抗

>安倍首相はくよくよしない、とても前向きな人でした。その人が、ここまで追い込まれたということに、恐ろしさを感じます。(コメ欄)
 



要するに、
悪いのは周りの人間や期待した国民や
安倍ちゃんを見放した「ツキ」であって
安倍ちゃんは悪くない!ってことね。


安倍坊ちゃんはきっと、こういう人たちに囲まれて
大事に大事に育てられてきたんだろうなぁ。。。
確かに生まれながらにツキに見放されてたかも。。。
可哀相に…

じゃなくてー!
今のこの、国民がネグレクトされてる状態について
なんか書くことないのか???
あの施政方針演説はよかったよね~:(人´ェ`*):.。・:*:・゚
じゃないっつーの!


だからそれは八つ当たりですってば

  • カテゴリ:政治
  • コメント:22件
  • トラックバック:0件


>一部のバカ保守

”一部の国民”の批判が安倍氏辞任を導いたというなら
河野洋平なんぞ、と~っくの昔に辞めてますって。


それほどまでに憤懣やるかたないのであれば
私はイヤだけど、 つ 人権擁護法案
あった方がいんじゃないんですか?
批判や悪口の無い、さぞかし美しい国になると思うわよ。
もちろん東宮批判も出来なくなるのは言うまでもないけど。


******


オマケ( ・ェ・)つ 『特集血ぬられた安保条約』

安倍批判なんか ぬるいぬるい ヾ( ′ェ`)


総理大臣になって欲しいのは…

  • カテゴリ:政治
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件


石原慎太郎!しかいないでしょ。

なんてね     
言ってみただけでつよ ε-(ーдー)ハァ


でぇ、なんか福田さんになりそうな?
アハハ
どの面下げてこれからの日本を眺めるんだろうねぇ安倍ちゃん。
やってくれたわホント。

でぇ、入院?
疲労がピーク?
胃もたれ?食欲不振?
眠りが浅い?
大変ですね。
ってか、
サラリーマンなら割とよくある症状のような気がしなくもないけど
お大事に。


信者さんたちの心境(w

  • カテゴリ:政治
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件


 『聖母たちのララバイ』




最後の最後まで安倍さんらしい

  • カテゴリ:政治
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件


個人の資質にもよるが、温室育ちはこれだから。。。

息子を小中とお受験させなかった最大の理由はこれだ。
「人」を知らねば生きてはゆけない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。