集団自決は軍命令ではなかった

(副題:大江健三郎は逝ってヨシ!)

赤松大尉やご家族の胸中を思えば
こんなことを言ってはいけないのかもしれませんが、
正直、感動しました。
大尉のような方がいらしたことを
同じ日本人として誇りに思います。また、自身、
日本人として恥ずかしくない生き方をしたいと思いました。

今更?って年齢の私でさえそう思うのだから
子供たちにはぜひ、
赤松大尉の犠牲を気高い行いとして伝えていって欲しい。
照屋さんの嘘や島民が口を閉ざした事も
責めるのではなく、理解の情緒を育んで欲しい。

捕虜になるよりは自決、これを戦争指導者の
「人命軽視の思想」に因るものと片付けないで欲しい。
逃げ場のない小さな島で、
どのようなものか知れない、しかし確実に殺しに来る
と信じるに足る敵軍が乗り込んでくる状況を
想像させて欲しい。

追い詰められる
この恐怖を想像することは戦後生まれには難しいことだけど、
でも、できないことではないと思います。
ヒロインが自分の喉に刃物を向けて
『それ以上近づいたら死ぬわよ』なんてシーンはドラマでもあります。
圧倒的な暴力に対する恐怖や支配に対する拒絶が
自らの死を選択させることも人間だからこそあり得るのです。
それが正しいとか正しくないとかの判断も
まるで違う時代を生きる者が下すべきでないでしょう。

特に、教育の指導的の立場にある方たちへ、
これらを強く望みます。


でも…悲しいですね。
海上挺身隊第3戦隊の任務はあまりにも悲しい。
<ベニヤ製特攻艇を使った米艦船への体当たり攻撃>
ベニヤ製とは…絶句
これは軍人ではない者が味わった惨めさとは質が違う。
などと言ったら、左巻きの絶対平等主義者から
大いに勘違いされそうですが

しかし、
沖縄タイムス 沖縄戦観崩す動き指摘
こういった人たちの論調が逆に、
民間人が嘗めた辛酸を霞ませてしまうような気がしてなりません。

スポンサーサイト

正義? マスコミから臭うもの


>「ネット上ではマスコミはヒール(悪役)

まともなマスコミもあるのに
これでは全てのマスコミ関係者がヒール仲間であるかのように聞こえる。
すぐに徒党を組みたがるのは何かの名残か。
そもそもこれは、『ボク悪くないもん』 と思うからこその
被害者意識からくる発想だ。
掲示板などで「自称オヤジ」がこの手の発言をするのを
何度か目にしたことがあるが、
卑屈な態度とは裏腹にプライドは案外高い。
そして「正義」が大好き。

>記者がいくら社会正義の実現などを掲げても、
>ユーザーのマスコミ不信は根強い

それが社会正義ではなく
個人或いは特定集団の偏った正義だから問題視されるのだ。
極端な例えかもしれないが、
それが正義と信じてサリンを撒き散らしたオウムとあなた方とでは、
その「精神」に大きな違いがあると言い切れるのか、甚だ疑問である。
もう少し穏やかな言い方をするなら、全共闘臭ふんぷんなのだ。
あの世代の「あの人たち」を
冷ややかに眺めていたのは大人たちだけではない。
子供の目にも彼らは愚かとしか映らなかった。
長じてもその見解は変わらない。
そのような視線があることに彼らは未だ気づかないようだ。
それどころか、あの青春ごっこを美化している節さえある。
そんなようだから、自分の体臭を気に掛けるはずもなく、
たとえそれが若手記者の発言であっても
背後から「あの人たち」が臭うのだ。
要するに、特定マスコミが宣う正義など
カビの生えた反戦フォークソングでしかないのである。
そんなものは場末の酒場でやってくれと言いたい。

それにしても、
この種の人たちから正義などと聞くと、いっそのこと
「正義」も国旗国歌法のように法で定めてはどうかとさえ思えてくる。
外交上の正義の優先順位など分りきったことなのに
反日国家の正義優先主義者が少なからずいるのが現実ならば
それも致し方ないではないか。

坂東眞砂子の猫ばなし


我が家にも2匹の猫がいますし、
ブリーディングもしたことがあるので
こういった事にはムキになろうと思えばいくらでもなれますけど
でも、これはハッキリ言って
izanami-blog レベルな話なんじゃないかなぁと。。。
社会に対するアラシだか釣りだかみたいなのを
載せる日経が悪いんじゃないですか?


今夜は鳥つくねバーグ!

日本版CIA!

  • カテゴリ:政治
  • コメント:1件
  • トラックバック:0件


おおー!いいですね~

…ってゆーか…
今まで無かったんですかっ!?
公安は?(´゚。゚`)
>国内の治安情報の収集、分析に重点が置かれ
そうなんだ…(-_-;)

もしかしてもしかすると
陸軍中野学校が秘密裏に継続されてたりして?
なんて期待してたんだけど…
違ったのね。。。ヽ(〃´ー`)ノアハハ…ハ…ハァヽ(_ _|||)

いえいえ、過去を悔やんでばかりいても仕方ありません。
良い事を始めるのに遅すぎるということはないのですから。

それにしても、
”もう他国の顔色を窺わなくていい”
この、普通の日本人がずっと待ち望んでいた空気、
これをもたらしたのは、やはり小泉純一郎氏であり
その功績はとても大きいと思う。
ありがとう小泉総理。

ナマ純ちゃん(04年7月撮影)

『中国の核が世界を制す』

  • カテゴリ:妄想?
  • コメント:1件
  • トラックバック:0件


この本は手元にあるが、つんどく状態だった。
早速読んでみよう。

が、これを読むまでもなく、
中国がいつの日にか日本を併合、
というより侵略するだろうことは
私のような只のオバサンにも予想がつく。
侵略された後の日本人がさぞかし悲惨な運命を辿ることも…

思うに、中国の本音中の本音は、日本人の殲滅だろう。
それも、できれば通州事件の時のようなやり方で…
領土の極端な破壊はインフラ面で自分たちが困る。
だから何発か打ち込んだ後は大量の兵士を、
いや、あの反日暴動からすると民間人でも事足りそうだ。

やられたことをやり返すだけ。
中国人はそういう教育を受けている。
こちらからすれば捏造でも中国人はそれを信じている。
だから狂喜して日本人虐殺を遂行するだろう。
ある日突然、小さいながらも楽しい我が家の、窓が扉が
怒号と共に蹴破られるのだ。
傀儡の半島人がこれに加わることは言うまでもない。
きっと、ミサイルで死ねたら幸運だと思えるほどの
地獄絵図が展開されるだろう。

中国に対する私の疑いはそれぐらい強い。



また、世界への疑いもある。
そうなったとき、どこが助けてくれる?何のために?
世界にとって日本人って必要かな?
日本などパシリでしかない。(『世界は腹黒い』より)
ましてや、自分で自分を助ける意志の無い国なんぞ
どうなろうが自業自得だ。
甘ったれるなよ日本人!世界はお花畑ではない。

そういえば…
植物の世界でも日本古来のものは外来種に弱い…orz
所詮滅びる運命か。諸行無常だ。
思えば03年、我が国最後のニッポニア・ニッポンを失ったとき
何やら妙にショックで、
普段そのようなことはあまり感じないのだけど
不吉なことの前触れのような、そんな気がしたっけ。。。
お?なんと!
トキの絶滅にあのNHKが一役買っていたのか。(wikipedia)
…符合?


■参考URL

天安門事件:画像(閲覧要注意)
http://www.boxun.com/hero/64/52_1.shtml

中国の臓器狩り
http://www.epochtimes.jp/jp/spcl_sjt.html

中国の刑務所、女性に残酷な性的拷問(閲読要注意)
http://www.epochtimes.jp/jp/2005/07/html/d80844.html

You Tube中国動物虐待ビデオ
これは削除されてしまったようなので
「博士の独り言」さまの記事をご覧になってください。
http://blog.goo.ne.jp/plank/e/a0d92547a473dc7e7dfa954c544b3a60

広東省佛山のレストランで…
http://www.epochtimes.jp/jp/2006/04/html/d27404.html


自国民にでもこのように残虐なことができるのだから
憎き日本鬼子が相手なら躊躇う理由など更に無いだろう。

あぁそうそう、中国礼賛者の諸君、
自分たちは助かると思ってるならそれは甘いと思うよ。
今現在日本でも必要とされてないけど、中国にとっても
日本を手に入れた後ではキミらなんかいらないんだ。

皆さんのパソコンは?


企業の為にならない
これは小泉首相の靖國参拝に対する
経団連副会長、関本忠弘氏の発言である。
この発言シーン、たまたまTVで見てて驚き呆れてしまったのだが、
顔つきからして人品卑しいこの御仁はNECの元会長だそうだ。

NECは確か、中国で会社丸ごとパクられたのよね(´ー`)フッ 
一概には言えないが、類は友を呼ぶものだ。
NECの隙はそういった類のものでは絶対無い のだろうか?
近頃すっかり疑り深くなった私のこれは憶測。
(が、こんなことも?→NECが詐欺を働く

偶然だが、私は富士通のパソコンしか使ったことがない。
プリンターは、これも偶然キヤノンである。

富士通名誉会長の山本卓眞氏は靖國神社崇敬者総代であり、
「諸君!」(17年2月号)に
財界人よ、靖國に行って頭を冷やせ』と物している。

経団連会長の御手洗冨士夫氏(キヤノン会長)は
至って真っ当な方でらっしゃるようだ。
櫻井よしこ氏のブログより 
愛国心なき経済改革は失敗する

http://blog.yoshiko-sakurai.jp/archives/2006/06/post_447.html

お疲れ様でした - 【あえて】追記

  • カテゴリ:靖国
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件


首相の参拝後の会見を聞いてて、おや?と思ったのがここだ。

【8月15日参拝の理由】
最初は多くの方々が「8月15日だけはやめてくれ」と言っていて、そういう方々の意見も聞かなきゃいかんなということで、あえて8月15日を避けて8月13日や4月、10月、1月に参拝してきた。しかし、8月15日を避けてもいつも批判、反発が起きる。何とかこの問題を取り上げようとする勢力がいる。今日は全国戦没者追悼式にも出席する。いつ行っても同じならば、今日が適切な日だと判断した。

『そういう方々の意見も聞かなきゃいかんなということで』 
『8月15日を避けて8月13日や4月、10月、1月に参拝してきた』
の間に「あえて」が入ることに違和感を覚えるのだ。
無い方が文章的にスッキリしないか?
実際の発言と産経がまとめたものとでは若干違うが、
あえて」には耳がヒクヒクっときたのでこの部分はよく憶えている。

あえて」、
ここに小泉首相の深謀遠慮を見るのは穿ち過ぎだろうか。
単純に避けたのではなく、
「いつ行っても批判する」勢力の本性
を衆目に晒すのが目的で
あえて前5回の参拝を8月15日以外の日にしてきたのではないか?

これは考え過ぎかもしれないが、いずれにしても政治家には
外交的な見地から口にできないことが山ほどあるだろう。
政治の世界から身を引いた後も
墓場まで持っていかなければならないことが…
ハニートラップに引っ掛かって売国奴に堕ちました
なんてのは論外として、
我々の無知や思考力・想像力の欠如が
我々自身から優れた政治家を奪う惧れがある。
何事も即批判に繋げないよう心掛けたい。

小泉首相、お疲れ様でした

  • カテゴリ:靖国
  • コメント:5件
  • トラックバック:0件


最後に良いお仕事をしてくださいました。

靖國参拝は心の問題、それはその通りだが、
それだけで行動するほど小泉首相は愚かではない。
これは外交だ。外交は戦争だ。
良識的で心優しい日本人には「中韓の国民感情」が武器になる。
それが中韓の思惑だということを知らない日本人が多過ぎるのだ。
中韓の徹底した「反日教育」によって作られた「中韓の国民感情」
これに配慮し譲歩するとは即ち、日本の負け なのである。

しかし、こういったことを
首相自らが我々国民に説明するわけにはいかない。
苦しい立場である。(心中お察し致します)

女子供ばかりでは国は滅びる。
はっきり言おう。
靖國参拝反対論者は、
おっさんだろうが爺だろうが、 お・ん・な・こ・ど・も なのである。
男を育てなければ国は滅びる。
今の学校教育から変えていかねばならない。
私はそう思う。

東京大停電


小泉首相の靖國参拝の可能性が高い状況で
その前日に事故って…
あやすぃ…とってもあやすぃ( 一一)
と思うのは私だけだろうか。。。
参拝したら停電じゃ済まないぞぉー
みたいな?


今夜はサラスパ

主婦的にして情緒的 - 靖國・愛国心

  • カテゴリ:靖国
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件


国に 「ああしてもらおう」 「こうしてもらおう」 と思うか、
自分が国に、 「ああしよう」 「こうしよう」 と思うか、

靖國に祀られる英霊が後者であるのは明らかだ。
その意識は、子を想う親心に近いと私は思う。
命令する者される者、どちらにもあった心だと思う。

戦後、我々は彼らが愛し守ろうとしたこの子にどう接してきただろう。
育児に必要不可欠な愛はあったか。
「愛国」という言葉は、有識者もどきから侮蔑を持って吐き捨てられてきた。
日の丸を揚げた校長は、土下座、反省文、を強要された。
(広島だけで過去14名の学校関係者が自殺に追い込まれている)
こういった状況下、心ある者は国への素朴な愛情を隠さねばならず、
それは逃避的に無関心へと変容していった。

60余年もの長きに亘る、自国への我々の態度は
無関心と自虐史観という名の虐待だったと言わざるを得ない。

愛されず虐待され続けた子はどうなるか。

心が壊れるのである。

犯罪の低年齢化、親殺し子殺し、性犯罪の増加、
学級崩壊ニート、引き篭もり、少子化…etc.
深刻な社会問題の数々は自傷行為と言えないか。


今、八木秀次氏の「精選 尋常小学修身書」を読んでいる。
なるほど、私がGHQなら彼らと同じことをしたくなる。
なぜなら、これを身に修めた日本人の精神性の高さが恐ろしいからだ。
白人至上主義者からすれば、有色人種ごときがこうであってはならない。
だから、卑しき「ああしてもらおう・こうしてもらおう」人間を
大量生産しなければならなかったのだ。
私は、これに積極的に加担した日教組を心底軽蔑する。
Death by Hanging !

戦前の日本人の愛国心は、
ご先祖、祖父母、両親、兄弟姉妹、親類縁者、友人知人、
そして身近な動植物やモノ、カタチ、への愛から生まれた。
少しも凶暴なものではない。

多くを望まず、己を語らず、ただ日本を愛した英霊の
「靖國で逢おう」 の想いくらいはせめて、守ってさしあげたい。


■参考URL

日本財団 図書館 GHQも評価した「修身」 今でも通用する道徳観

http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2002/01254/contents/491.htm

国際派日本人養成講座 恐怖と無法の広島公教育界
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_2/jog114.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。