【母子家庭の貧困】不幸を連鎖させないために

  • カテゴリ:教育
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件

【特別ルポ】母子家庭の貧困~なぜ母親は、愛する娘を殺したのか~ 「月収9万円で子供二人」「明日の食費もない」 シングルマザーの悲鳴を聞け
現代ビジネス 7月22日(水)6時1分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150722-00044272-gendaibiz-soci



大方は、堅実に生きることを馬鹿にしてきたからそうなった。
そんな母親と一緒にいる子供も「堅実」を学習できないまま大人になり
結局母親と同じような人生を歩むことになるので
行政は母子家庭を支援するという無駄なことはせずに
児童養護施設を質の高いものにした方がよいと思う。



スポンサーサイト

何を今更「たかが犬猫」のくせに

  • カテゴリ:教育
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件

「ペットは避難所に連れて行けない」が
可哀想とか言いながらも当たり前のように行われ続けているのは
「たかが犬猫」が日本人の総意だからだと思ってました。
自分は理解できないし従う気もないので
そんな光景、置いてけぼりの被災地のペットたち、をTVで目にするたびに、
とりあえず身近な大人の旦那に
ねぇナンデ?ナンデ避難所にペットを連れてっちゃいけないの?と訊ねるのだけど
俺に聞くなよと困るばかりで明快な答えは返ってきません。


猫5匹を生き埋めにした30代教諭「田舎ではやっていた」
2015年3月24日 14時53分
http://news.livedoor.com/article/detail/9925603/

千葉・船橋市の県立高校の30代教諭が、生徒に手伝わせて子猫5匹を生きたまま埋めていた。今月6日(2015年3月)、この男性教師は校内を巡回中に農業実習用のハウス内に野良猫が産み落としたとみられる5匹の子猫を発見した。教師は担任を務めるクラスの男子生徒3人を呼んで、目的を言わずにスコップを持ってこさせ、ハウスから30メートルほど離れた実習用畑の隅に穴を掘るように指示。教諭は子猫5匹をスコップに乗せて穴まで運んだが、途中、スコップから落ちた子猫を生徒に拾わせるなど手伝わせ後、生徒たちに離れるように言って子猫を生き埋めにした。

手伝わされた生徒に動揺が広がり、学校にカウンセラーを紹介してほしいと相談があり発覚した。

千葉県警「動物愛護法違反」で事情聴取

教諭は「対処の仕方が分からず、市役所に引き取ってもらえないと思った。田舎育ちで、周りの人たちがやっていたのを見ていたので気にしなかった。とんでもないことをやってしまった」と反省しているという。

教育評論家の尾木直樹氏はこう批判する。「昔だったらそういうこともあったかもしれないですけど、あまりにもナンセンス。動物愛護法も制定されて、私たちの動物を愛護する感覚もどんどん発達している。その発達を促すのが学校の役割ですよ」

中江有里(女優)「教師であれば、里親を探すとか、他に方法はあるはずですよ。それが教育だと思います。大人として子猫にどう接すべきか、どう行動すべきか見せる責任もあるわけで、そこが欠けているのでは先生としての資質を疑ってしまいますね」

学校側は問題が発覚した4日後に教諭と話し合って5匹の子猫を掘り返し、別の場所に墓をつくって供養したという。ところが、千葉県警が子猫を確認するために墓を掘り返しところ、1匹しかいなかった。県警では動物愛護法違反の疑いで男性教諭から事情を聴くことにしている。

そんなだから佐村河内に騙される

  • カテゴリ:教育
  • コメント:2件
  • トラックバック:1件

尾木ママ 真央称賛の一方、森元首相発言に憤り「共感力の欠如した人」
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/02/21/kiji/K20140221007634230.html

 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(67)が21日朝、自身のブログを更新、東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相の発言に苦言を呈した。  ソチ五輪フィギュアスケート女子シングルで6位に巻き返した浅田真央(23)についてつづったブログで「共感力の欠如した人」と題して更新、「真央ちゃんのフリー 自己ベスト更新でしたね 本当にありがとう!! 凄くうれしい」と称賛、その一方で「誰かがショートの失敗を“あの子は大事な場面で必ず転ぶね”などと心ない発言をしたけど全くそうじゃない!」ときっぱり、「あの発言は相手に対する“共感力”が欠如した人が発するもの」と、名指しは避けながらも20日の森元首相の発言に対し、厳しく指摘した。  「国のリーダー ましてや東京オリンピックの責任ある立場の方としてはあんまりなのです…」と自らの立ち位置を意識しない発言を憤っていた。  最後に「浅田真央ちゃん 美しさ しなやかさ 本当の強さ 示してくれました!!」「ありがとうございます 金メダル以上ですよ」と真央の演技に最大の賛辞を贈った。




>“共感力”が欠如した人
>金メダル以上ですよ

お前みたいなバカげたことを言う人間が大量に湧くだろうという
その意味のみで森はこんなことを言うべきではなかった。

もしも男子フィギュアが女子より先でなかったら
羽生がメダルを取れたかどうか...
この国の心理的環境を考えると
「共感力」をゴミ箱に捨てて挑めたかどうか
本当に逆でなくて良かった。
浅田のSP大失敗による6位が金メダル以上だなんてことは断じてない。
自分で掘った穴に自分で落ちて自分で這い上がってきたら
偉いとか感動とか、意味不明すぎてめまいがしてくる。
私は断固、羽生の金を支持する。
オリンピックに対する姿勢は羽生が正しい。
浅田はなってなかっただけだ。




恐いー!も~

  • カテゴリ:教育
  • コメント:4件
  • トラックバック:0件

「町をばかにしている」北海道・中頓別町、村上春樹氏に質問状検討
2014.2.6 07:59
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140206/trd14020608010000-n1.htm

 問題としているのは、主人公が中頓別町出身の24歳女性運転手と車中で会話する場面。女性が火の付いたたばこを車の窓から捨てた際、「たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなのだろう」との主人公の感想が記されている。  中頓別町はかつて林業が盛んで、東海林繁幸町議は「町民の防災意識は高い。『車からのたばこのポイ捨てが普通』というのは事実ではなく、町をばかにしている。そもそも町の実名を出す必要があるのか」と話している。



火の付いたタバコをポイという行為についての主人公の思うところが「それ」である
ということがこの主人公の人物像の一端を表している
と解釈するのが小説の読み方というものではないでしょうか?
私は村上春樹を一冊も読んだことがないような非読書家だけど、
これを読むような人が「中頓別町ってところは~」などとは
まず思うわけがないので安心して欲しいです。


※タイトルは
ユーキャンのCMで
唐辛子という漢字を指して「なにさちこ?」と聞いてくるメンバーに
高橋みなみが言う 「恐いー!も~」です。
ドラマやCMに対する近頃のクレームは
そういう意味でも別な意味でも恐い。

「放送で謝罪して」 全養協、日テレ回答書受け「明日ママ」に要求
2014.2.6 11:15
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140206/ent14020611170003-n1.htm




トリックアートだと意図的に教えてあげないから

  • カテゴリ:教育
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件

「明日ママ」見て女児が自傷行為 日テレに全養協から新たな抗議書届く
2014.1.30 07:06
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140130/ent14013007080002-n2.htm

 全養協は「施設の子供たちをこれ以上、傷つけることのないよう、人権に配慮した内容に改善するよう要請する」として日テレに対し、2月4日までに文書で回答するよう要求。対応次第では放送中止の要求も検討するとしている。




そんな、道に描かれた浮き上がって見える小石にけつまづく子なんかのことより
絶対にあるはずの、だけどあんたたちの推奨は受けられない
「私もあんな施設に行きたい。。。」って子らの状況の方が深刻だろうにね。
繊細と繊細風味は違うのに
スーパーで誰でも買える「風味」が主流の世の中だから仕方ない。

「明日ママ」内容変更の可能性 日テレ、慈恵病院にも伝える
2014.2.2 00:07
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140202/crm14020200120000-n1.htm




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。