河野洋平にもこの地に埋葬する場所などない

  • カテゴリ:売国奴
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件


河野元官房長官「韓国は本当に近い国」
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013121778968

10月発足した日本早稲田大学韓国学研究所が16日、「東アジアの変動と韓日関係の未来」をテーマにシンポジウムを開いた。

1993年、日本軍の慰安婦動員の強制性を認めて謝罪したいわゆる「河野談話」を発表した河野洋平元官房長官は祝辞で、一部政治家の妄言を狙ったらしく、「日本で様々な発言が出ているが、そのような発言が日本国民の心を代弁したり代表しているとは考えていない」と話した。同氏はまた、「経済的理由や安全保障上の必要性から韓日関係を回復しなければならないという議論があるが、韓国は本当に近い国で仲良くしなければならない国だ」と強調した。

東北亜歴史財団の金学俊(キム・ハクジュン)理事長は祝辞で、「人の傷に手をつけ、その傷に塩までかける言行が新しい不幸の火種を作り出し、葛藤を深めたら、時代逆行的だとしか言いようがない」と語り、日本の政治家の慎重な発言を促した。同日のシンポジウムでは寺島実郞・日本総合研究所理事長が基調講演を行った。兪弘濬(ユ・ホンジュン)元文化財庁長、五百旗頭真・元防衛大学長(現熊本県立大学理事長)、若宮啓文・元朝日新聞主筆らも討論者として出席した。



北朝鮮で実質NO.2だった張成沢が犬にも劣る見下げ果てた人間のクズとして機関銃でズタボロにされたうえ火炎放射器で灰にされたとか、
外国のその国の人間がなぜどう処刑されたかなんて本来どうでもいいことをマスゴミが連日、ほぉら怖いでしょう?どうよ酷いでしょう?とセンセーショナルに扱うのは、
我が国の犬にも劣る見下げ果てた人間のクズである河野洋平のような者の自国を貶める自由だけを守りたいからなんだろうな。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。